Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人のサキです。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

アメリカのハロウィン事情とは


10月31日は何の日かご存知ですか?
そう、日本でも近年大盛り上がりのハロウィンです。



ハロウィン(“Halloween”)という言葉は「神聖化する、崇敬する」という意味の “Hallow” という単語からきているのですが、今日ではゾンビメイクやお化け、怖いキャラクター、かぼちゃなどがメインとなっていて、もともとのイメージとはまったく違うものとなっています。



今回はハロウィンとはどんなイベントなのか、アメリカではどんな風に過ごすのかを、ハロウィンで使える英会話表現も交えながら紹介したいと思います。

ハロウィンは何をする日?


ハロウィンはもともと古代ケルトのお祭りが起源だと言われており、新しい年の始まりである11月1日の前日に死者の魂が戻って来ると考えられていました。人々は焚き火をして神々に収穫物や動物の捧げ者をしたり、来る年の占いをしたり、コスチュームを来て悪霊を追い払う行事をしていたのです。


そして後に、カトリック教会が11月1日を “All Saints’ Day”(万聖節)と定め、聖人や殉教者を祀る日とし、その前夜が “All Hallows’ Eve”となり、そこから “Halloween” という言葉が生まれたようです。


その後、アメリカにも移民と共にハロウィンが浸透。徐々に形を変え、今日のアメリカでは子供達がコスチュームを着てお菓子をもらいに近所を回り、大人も仮装をしてパーティーをするという一大イベントに変遷していったのです。

1. コスチューム(“Costumes”)


ハロウィンといえばコスチューム。
ハロウィンコスチュームについて話をするとき、どのような英会話フレーズを使うのでしょうか。

“What are you going to be this Halloween?”
(今年のハロウィーンは何になるの?)
“I’m going to dress up as Pikachu!”
(ぼくはピカチューになる!)

“dress up as ~”で「〜としての衣装を着る」ということから「〜になる」を意味します。

毎年、ハロウィンが近づいてくると “strip mall” とよばれるお店の集合体(日本でいわゆるモールと言われるものと違い外から各お店に直接入れる)にハロウィン商品専門のお店が一時的に入ったり仮設の店舗ができたりします。

そこで皆コスチュームや、家をデコレーションするグッズ、パーティー用品などを買ってハロウィンに向けて準備をするのです。そのようにアメリカでは、ハロウィン前になると街はハロウィン一色になり盛り上がりを見せます。

人気のコスチュームは売り切れてしまう可能性が高いので、なるべく早めにゲットしておきましょう!

“You’d better go early to get the costume you like!”
(好きなコスチュームが手に入るように早く行かないと!)

もともとは悪霊を追い払うために怖い仮面をつけた、また死者がよみがえると思われていたことからそのような装いになったなどの説もあるようですが、今では漫画や映画のキャラクター、消防士、警察官、動物やフルーツなど何でもありとなっています。

2. ハロウィン・パーティー(“Halloween Parties”)


コスチュームの準備ができたら次はパーティーやパレードですね。こちらの小学校では31日には授業の最後に皆コスチュームに着替えて学校の周りをパレードしたり、教室でパーティーをするところもあります。

お家でパーティーをする場合も仮装をして集まり、お菓子や食べ物などハロウィン仕様のものを作って持ち寄ったり、家の内外も飾り付けします。

“I’m going to throw a costume party. Do you want to come?”
(コスチュームパーティーをするんだけど、来る?)

“throw a party”は「パーティーをホストする」という意味。また“have a party” や “hold / host a party” も同じように使われます。

“Is it an adults-only party?”
(大人だけのパーティー?)

ハロウィンパーティーの中には大人しか参加できないものもあります。招待状や時間帯などから判断し、子供も参加可能か確認しておきましょう。

ハロウィンによく登場する"Spooktacular"って?
“Halloween Spooktacular!”(ハロウィーン・スプークタキュラー)

と書いたイベントの宣伝もよくありますね。

“Spooktacular” はハロウィンでよく出てくる単語の一つですが、「幽霊のような、不気味な」などの意味を持つ “spooky” という言葉(これはハロウィーンになるとよく出てきます)と「壮観な、華々しい」というような意味の形容詞や「豪華ショー」のような名詞として使う “spectacular”という単語を合わせて作った言葉です。

本来、ものすごく怖い、ぞっとするような、そういう物に対して使う言葉ですが、最近ではハロウィンのイベントにもこの言葉がよく登場します。

3. トリック・オア・トリート(“Trick or Treat”)



これはハロウィンおなじみのフレーズで意味は「お菓子をくれないといたずらするぞ!」。

子供達はハロウィーンの夜、近所の家を周り、“Trick or Treat!” と言いながらお菓子や物をもらいに行きます。子供達にとってコスチュームを着ることはもちろんですが、お菓子をもらうこと、もらいに回ること自体も大きな楽しみの一つ。

誰と一緒に近所を回るのか、ということも子供達の間では大きな関心事ですので、下記のような英会話表現もよく聞こえてきます。

“Who are you going trick-or-treating with?”
(誰とお菓子をもらいに近所を回るの?)

ここでは “trick-or-treat” が動詞として使われています。

ベルが鳴ってドアを開けると子供達が “Trick or Treat!”と言ってかばんや容器を持って立っています。お家で子供たちを待っている大人達は、どんな英会話フレーズで子供達を出迎えるのしょうか?

“You look so cute / scary!”
(かわいいわね / 怖い!)
“I love your costume!”
(そのコスチュームいいわねー!)
“What are you dressed up as?”
(あなたは何の仮装なの?)

もし何に仮装してるのかわからない場合は、“What are you dressed up as?”と言って会話を広げるのもいいですね。

ハロウィンで消しゴムを配ってもOK?
“Treat”は一般的には「おもてなし、特別なご褒美」のような意味ですが、ハロウィーンの場合はお菓子を意味しています。しかし、最近では健康に配慮し甘いお菓子だけでなく、小さいおもちゃやその他鉛筆、消しゴムなどの小物などを渡すこともあります。

またアメリカでは、小学生くらいの子供達だけで近所を回るのは危ないということで親がたいてい付き添っていきます。そこで、家に残ってお菓子を配る親と子供達と一緒に回る親が必要になってきます。

“I will go around with the kids. Can you stay home and pass out candies?”
(私は子供達と歩き回るから、あなた、家でお菓子を配ってくれる?)

“pass out”は「意識を失う」という意味で使われるのが一般的ですが(例:”I passed out during the meeting yesterday.” 昨日会議中に倒れてしまった。)、この場合は「配る、手渡しする」という意味になります。

どうしても家を不在にしなければならない場合はドアのところに容器をおいて、お菓子などを入れておいて“Take one”(一つとってね)と書いておいておくのも一つの方法です。でも、たくさん取ってしまう子供が必ずいるのであまりいい方ではないかも…

4. お化け屋敷(“Haunted House”)


“Haunted house”は文字通り“haunted”(取り憑かれた、幽霊が出る)な家ですから日本でいう「お化け屋敷」ですね。

ハロウィンの時期には、大きな都市や郊外を中心に特設でお化け屋敷が設置されます。かなり怖いので13歳以下は入場不可と年齢制限を作っているところもあるほど…

“Have you been to the haunted house that is new this year?”
(今年新しくできたお化け屋敷行ってみた?)
“It’s supposed to be the scariest in town.”
(ここら辺では一番怖いらしいよ。)

“be supposed to be”で「〜のはず」ということで、そのように宣伝されてたり、うわさで怖いと言われているような感じですね。

“I went there, but chickened out at the entrance.”
(行ったんだけど入り口で怖くなってやめちゃった。)

“chicken out” は土壇場で怖くなってやめてしまうことを言う俗語です。日本語でも臆病な人を「チキン」と呼んだりするので、イメージしやすいのではないでしょうか。

5. ジャッコランタン(“Jack-o-Lantern”)


ハロウィンで必ず見かける “pumpkins” (パンプキン)と呼ばれるオレンジ色のかぼちゃ。

そのまま玄関先に飾ることもありますが、顔や色々な姿形を彫るのが習慣になっています。中にロウソクを入れて火を点ければ、中から顔や絵が浮きだして雰囲気満点!これが“Jack-o-Lantern” です。

パンプキンに顔や絵を彫ることを “pumpkin carving” と言い、お店にはかぼちゃを切り抜くためのナイフと彫る絵柄の型紙がセットになったものもよく売られています。

A: “What do you want to carve on your pumpkin?”
(パンプキンに何を彫る?)
B: “I’m going to carve a bat on my pumpkin. What about you?”
(私はコウモリを彫るわ。あなたは?)
A: “I’m going to make a funny face.”
(ぼくは面白い顔を作ってみる。)

フリーハンドで好きな顔を彫るのも楽しいですが、凝った絵柄に挑戦してみるのも面白いですよ。思ったより簡単にできるので是非やってみてくださいね!

ただし余り早く作ってしまうと当日までに腐ってしまうので1週間前くらいにしましょう。

6. まとめ
以上、ハロウィンとはどんなものか、アメリカではどんなことをするのか簡単に紹介しましたが、いかがでしたか。

宗教的な考え方の違いなどもあり、アメリカに住んでいる人みながハロウィンで盛り上がるわけではありません。しかしそこは多様な民族、宗教の人が混じり合って共存しているアメリカですから、お互いの考えを尊重し強要はしないのが常識。

そうした異文化や宗教観の違いなどの多様性を感じられるのも海外の魅力の1つです。ぜひ機会があれば、海外のハロウィンも体験してみてくださいね!

“Happy Halloween!”