Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人のサキです。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

夜勤中の軽食を差し入れする風習



介護職員の中には、職場で夜勤中の軽食を差し入れする風習があるという方もいるのではないでしょうか?どんなものが喜ばれるのか知りたい!という方は、介護職員の貰って嬉しい・困る夜勤の差し入れについて!



貰って嬉しい差し入れで最も多かった回答は、コーヒーや炭酸飲料を含む「飲み物」です。飲み物の中でも、コーヒーや炭酸飲料が人気ですが、相手のことをまだ良く知らず「コーヒーを無糖にするか、どの炭酸飲料にするか」など迷われた場合は、万人受けの良いお茶にしておくと良い。

貰って嬉しい差し入れとして2番目に人気だったのは「栄養ドリンク」で、次いで3番目は「グミ・チョコレート・飴」などの簡単に飲む・食べることができる食べ物でした。


コーヒーなどのカフェインの含まれる飲み物や炭酸飲料、栄養ドリンク、グミ・飴・チョコレートは夜勤時の眠気覚ましのお供に口にする方が多く、人気があるようです。眠気覚ましにつながり、手軽に食べることができる物を好む傾向が読み取れます。また保存がきくので、夜勤中に食べることができなくても、帰宅後に食べることができるのも人気の理由。



貰って困る差し入れは主食類!



貰って困ったという声が1番多い差し入れは、「カップラーメン」でした。日常生活では、カップラーメンは調理が簡単なため、手軽にお腹を満たすことができるため人気ですが、介護の現場では違うようです。夜勤時は緊急事態が起きやすく、3分待っている間にも呼び出しが入ったり、食べている間に仕事が入ったりしてしまうことも。そして対応中に麺が伸びてしまい、食べられなくなってしまう…なんてことも。

2番目に困った物は「おにぎりやパン」。これらも手軽に空腹を満たすことができるため、差し入れに喜ばれそうですが、実際には歓迎されていません。夜勤前に既に食事を取る方、または夜勤時にはあえてしっかり食事を取らない方がいらっしゃるからです。夜勤時の眠気対策として、満腹の状態は避けるという声が多くあります。

夜勤の差し入れで貰って嬉しい物や困った物に「眠気」が関わっていることが分かりました。睡魔との戦いになる夜勤時の差し入れは、眠気対策として利用できる物にすると一層喜ばれるようです。



ぜひ自分が働く職場や家族がお世話になっている施設への差し入れを買う際に参考にしてみてはいかがでしょうか?