介護の不思議な世界

数あるブログの中から、ここへ来てくださり、ありがとうございます。世間で話題にならないような介護事情について考えます。

すっぴん!女性介護職員の夜勤とは?


多くの介護職員が、月に4回~6回程度入らなければならない夜勤。女性職員は特に、深夜の時間帯に働くことに対して「体力的に辛い」「体調やホルモンバランスを崩さないか心配」などと不安なことがある思います。そこで今回は、介護現場で働いている女性が気をつけたい夜勤のポイントについて紹介します。現在夜勤に入っている方も、これから夜勤と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!



夜勤時はすっぴんが大多数。

そもそも夜勤時だけではなく、普段の業務の時もすっぴんか薄化粧が多数派。まれにどうしてもすっぴんを他人に見られたくないという女性職員もいますが、汗をかくのでアイメイクのみをしています。実際、会社の規定で決まっているのは、濃い化粧に関することのみです。

「眉毛を生やして、なるべく書かなくても済むように整える」等の工夫をしつつ、すっぴんで勤務している方もいます。



すっぴんで人前に出るからこそ、スキンケアは念入りに!
すっぴんで勤務を続ける際は、せめて肌をきれいに保てるようにしましょう。日々のスキンケアはもちろんですが、夜勤時の休憩時間でできることは実践した方が良いと思います。

具体的には、夜勤中の休憩時に洗顔料で顔を洗い、化粧水と乳液で保湿です。そのため、スキンケアの道具は個人ロッカーに常備。



夜勤中は、食事の間隔を意識して持参し、食べる。
「食間が5~6時間以上空くと、脳が飢餓を感知したり体内時計がリセットされ太りやすい」とダイエットサイトと本であります。

夜勤がある日は、夕食や朝食だけでなく、お菓子やおにぎりなどの間食を持ち込んで、食間が3~4時間になるように気をつけて、夜勤中は見回り前後に間食を定期的に食べましょう。

持ち込みの食べ物は、カロリーよりも栄養バランスを重視して、炭水化物、たんぱく質、ビタミン類をしっかり摂るように心がけて下さい。カロリーは少し多くなっても、肉体労働なので消費できると思います。



では、また