Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人のサキです。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

介護業界の荒波



現在介護業界は大変厳しい時代を迎えようとしている。限りある財源を有効に活用するために、介護給付費はより必要性の高いところに重点的に配分されるが、全体の給付費単価は下がる傾向にある。つまり顧客単価は増えないということになり、基本サービス費の単価アップは期待できない中で、介護事業経営を安定させるためには顧客の数を増やし、加算を確実に算定していくしかない。



そうした情勢下で、介護サービスを利用する中心的な世代が、団塊の世代の人々となってくるわけであり、それらの人々は日本の経済成長を支えてきた中心的役割を担ってきた人々で、顧客としてサービスを選ぶ厳しい視点を持つ人々である。



そうした人々に求められるサービスを提供できる人材確保が、介護事業者には求められる。



介護サービスに従事する動機づけを護らないと人材は定着せず、求められるサービスは提供できず、事業経営はできなくなる。



そのため、これからの介護事業のキーワードは、サービスの品質、サービスマナー、ホスピタリティ、だと考えている。