Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人のサキです。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

論客の早すぎる死



今日は、大ファンの早すぎる「死」についてです。



勝谷誠彦さん


原因は、アルコール性肝炎です。



アルコール性肝障害の概念は、5年以上の過剰な飲酒が主な原因と考えられる病態です。「過剰な飲酒」とは、純エタノール60g以上の飲酒を指します。日本酒であれば3合以上、ビールなら大瓶3本、ウィスキーはダブル3杯程度が目安です。ここで勘違いしないで頂きたいのは、日本酒、ビール、ウィスキーの合計ではないということ。女性の場合は上記の量の3分の2。



アルコールの過剰摂取によって肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝となり、さらに進むと肝臓に炎症が起こり、炎症を起こした部分が硬くなるという現象、すなわち線維化が起こります。そういった状態で、常習としている飲酒量を急激に増やすことによって、アルコール性肝炎が起こってしまうのです。アルコールそのものによる肝障害と、アルコールの過剰摂取による脂肪の蓄積が、その原因とされてきましたが、現在は、その他に免疫機能の関連についても解明されてきています。



治療としては「禁酒」は絶対条件として、アルコール依存状態であれば精神科との連係も必要になってきます。その他にバランスの取れた食事をとることを励行し、ビタミンや肝細胞庇護剤の投与をすることもあります。重症の場合には大量のステロイドを投与したり、血漿(けっしょう)交換、透析などを施行するケースも。


とにかく過剰な飲酒を長年続けることは、非常に危険です。



私は勝谷さんの大ファンでした。



まだ57歳、もう少し早く飲酒を自重してほしかったという思いは強くあります。



心からご冥福をお祈り申し上げます。