Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

無駄に使われている介護保険制度の信頼性


65歳以上の高齢者が月々払う介護保険料の全国平均は、制度開始当初の2911円から現在は5514円(2015~17年度)となり、負担感は増すばかりだ。無駄に使われては制度の信頼性さえ揺るがしかねない。



しかしながら、右肩上がりの成長が見込まれる介護ビジネスには安易な事業者の参入も目立ち、昨今は法令順守の姿勢や介護の知識がほとんどない例まで見受けられる。特に老人ホーム事業でその傾向が強まっている。



介護保険は国が報酬やその使い方を決め、あるべき方向へ導いていく機能も有している。だが、制度の隙や抜け穴を突いてくる事業者は必ず出てくる。政策のまずさが制度の悪用を招くこともある。



度重なる制度改正や他法との関連もあって、最近では行政が見破れないような手の込んだやり方で高齢者を食い物にする悪質な事業者も横行する。医師が加担するケースも散見されるのが実情であると言うはなし。


内容は、次回以降に掲載します。