Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

【知ること】自体に価値はなくなり【行動すること】に意味がある




人生において大切なものは?という質問をされたら、みなさんは何と答えるでしょうか。



多くの人は「お金」と答えるかもしれません。「時間」と答える人もいるでしょう。でも私には、「お金」や「時間」よりも大切なものがあります。



お金の大切さは十分理解しています。



それでもお金より大切なものがある、と言い切るのにはそれなりの理由があります。



お金にはいろいろな側面がありますが、一言で言うなら、「誰かに何かをしてもらうために支払う対価」です。



自分ができないことを、お金を払って誰かにやってもらうわけです。自分ができることであれば、自分でやったほうがお金はかかりませんが、時間はかかります。わずかなお金を節約するためにむやみに時間をかけるくらいなら、お金を払って時間を節約し、その時間でやりたいことをやるほうを選ぶでしょう。



私はお金よりも時間のほうが大切だと考えます。お金は増やせますが、時間は有限だからです。



そして、その時間よりも私にとってもっと大切なもの。それは「機会」です。



「機会」とは、人と会うことや、イベントに参加することなど、自分一人で好きなときにできないことを指します。「人と出会うチャンス」といってもいいかもしれません。それはお金や時間以上に大切なものだと私は確信しています。



「知る」から「行動する」へ



自分の持っている能力を最大限に発揮するには、まず自分自身について知らなくてはいけません。



今の時代、インターネットで興味のあるワードを検索しさえすれば、あらゆる情報が出てきます。そういう意味では、「知っている」こと自体の価値は薄れ、次のステップである「行動すること」、すなわち機会を活かすことの重要性が相対的に高まっているといえます。



興味があることについて知識を得たら、次は機会を探し、活かすことです。



興味があるということは、何かしら自分と関係があるはずです。その部分を深く知ることは自分を知ることにほかならず、ひいては自分の未来につながります。



「機会」は、未来への招待状という話しでした。


では、また。