Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

数日過ぎましたが、クリスマスパーティーの虐待といってよい行為



今年もいよいよ押し詰まってきました。



高齢者福祉事業の中で行われるパーティーとして、ふさわしい節度のあるやり方というものが意識されているだろうか。高齢者を幼児扱いするかのようなくだらないイベントに陥っていないだろうか。



イベントやパーティーの主催者が、場を盛り上げるために、クリスマスらしい服装をするのは良いだろう。サンタクロースの帽子をかぶって、舞台でアトラクションを行うことも特に問題とは言えないだろう。



しかしそうした行事を楽しんでもらうために参加していただいている人にまで、望んでいない仮装を強いるのはおかしなことだと思う。自ら進んで望んでいる人ならともかく、決してそうではない人に対し、紙で作った先のとがった円柱の帽子やサンタの帽子をかぶせたり、派手な衣装を着せたりして、職員がその姿を見て「かわいい」なんて言っているのは、大人の尊厳に対する冒とくでしかない。それは虐待といってよい行為だ。



認知症の人が、そのようなことを望んで意思表示をしているわけでもないのに、「きっとそうしたいと思っているはずだ。」なんて忖度し、その気持ちを代弁しているなどと宣う輩がいるが、その忖度や代弁は、認知症の人を「幼児化」する価値観でしかない。大人を馬鹿にした目線である。



一般家庭で行われるホームパーティーで、高齢者が仮装したり、帽子をかぶったりしているとでもいうのだろうか。そんなことはなく、むしろ優雅におしゃれしてパーティー会場に向かうシックな高齢者の方も増えているのだから、アトラクションを行う楽しませる側はともかく、それを見て楽しむ立場にある人の行事参加を支援するのであれば、介護事業者のパーティー会場に入場する際にも、おしゃれなスーツやドレスを着こんでいただき、女性は化粧をしてもらい、シックに料理やイベントを楽しむという方法を思いつかないのは何故なのだろうか。



この状態を問題視せずに、感覚が鈍磨していくことによって引き起こされた、ひどい人権蹂躙が過去にもあった。



数年前に不適切運営を指摘されたグループホームのクリスマスパーティーでは、利用者の頭に帽子の代わりに女性用のストッキングをかぶせて、その姿を見て職員が笑っていたという報道もされていた。このように人を馬鹿にした行為はエスカレートして、何でもありの不適切状態の中で、「嫌だ」という思いを的確に訴えることができない認知症の人の人権は蹂躙され続けるわけである。



そのことに気づかない介護事業者の職員は、悪気はないかもしれないが、人の心をズタズタに切り裂き、尊厳を殺し続ける存在になっている。恥ずかしいことだ。恐ろしいことだ。



ジングルベルなどのクリスマスソングを唱和するにしても、本当に大人である利用者がそれを唄うことを望んでいるのかを真剣に考えなければならない。大人が楽しむインベントの在り方を、徹底的に考え抜かないと、介護事業とは所詮、人権無視の施しで終わっているということになってしまう。



特に介護事業者の中には、人材とは言えない数合わせだけに必要とされているスキルの低い人員がいることが事実なのだから、経営者や管理者、リーダーという立場の人たちが、徹底的に大人を馬鹿にしたような行事を排除するという考え方がないと、人を馬鹿にした行事によって生じる観念が、日常ケアにも影響を与え、その品質は人生を長く生きてきた人にとって耐えられない低レベルのものになりかねないと思う。