Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

「お金」と「職」と「貧困老人」



あけましておめでとうございます。



これからの日本には問題が山積みですが、

その大半は「お金」と「職」に関するものです。

「貧困老人」の話は、あなたもご存じのように、

介護費や医療費が昔と比べて高額になったのに
年金の額は逆に減り、

なおかつもらえる年齢も引き上がってしまったことで、やっていけなくなった老人が増えていっているわけです。


しかし、その根本的な原因は、


まだ働くことができたサラリーマン時代に、
収入を「会社に依存」していたからです。


老後の生活基盤を
「貯金(退職金)」と「年金」に頼り切っていたからです。


「貧困」とはある種、不可逆的な側面があって、


一旦そこに陥ってしまうと
簡単には元に戻れなくなってしまいます。


まだ定期的に収入があるサラリーマン時代に

・何をやっておくか?
・どうお金を使っておくか?

というこの2つだけが、
自身の未来を自分で決めることのできる
たった2つの限られた変数です。

唯一自分の手で人生の舵を切ることができる
重要な選択肢なのです。


これから3年の間に
人工知能も飛躍的な進化を遂げ、
その後多くの職を奪っていくことになります。

昨年のはじめに
ゴールドマン・サックスが
99.7%のトレーダーを解雇し、

社員を人工知能に総替えしてしまったのには
世界が衝撃を受けましたが、

あの手の人員削減は水面下で年々増え、
日本でも確実に表面化してくるでしょう。

そうなった時、
はたして「貧困」は老人だけの問題で
終わってくれるのでしょうか。

まだ30代40代50代なのにも関わらず
突如職を失い、「貧困」と呼ばれてしまう
若い人たちが出てくるのは明らかですよね。


幸い、今ならまだ間に合います。


世の中の大半の悠長にしている人たちとは違い、
今から意識を変え、
水面下でしたたかに着々と準備をしておけば、

30代や40代で
年収を数百万単位で増やし、

毎月50万円、100万円と
貯金を増やすことだって
できるようになります。

いざ老後を迎えた時に、
貧困老人に陥って抜け出せない環境になっていた…
なんて悲惨なことも無くなるのです。




これはあなたの人生ですから、
あなた自身の決断で切り開いていくことしか出来ません。

私があなたの未来を作ることは
出来ませんからね。

しかし、
あなたの未来をつくる手伝いと
正しい道を示すことは出来ます。


「人生が100年になって良かった。」

「子供と長く一緒にいれるし、
 あれもこれもする時間が出来たから…」

今から10年後、
お金の心配をするのではなく、
そんなことを気軽に言える力強い人生を
共に作っていきましょう。


このワクワクする手法を使い、あなたと共謀できることを、今から楽しみにしています。