Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

異業種間、人材争奪戦

全産業で自社にいない人材を異業種から獲得する「異業種間人材争奪戦」が本格化すると公表されました。



自動車業界を筆頭に情報通信技術(ICT)を使ったサービスを加速すると判断、ITやウェブ、コンサル、半導体などのエンジニア系のほか、マーケティングなどの職種が主戦場になるとみる。ミドルやシニア、育児でブランクのある女性、第2新卒など採用ターゲットも拡大する。



主な業界別にみると、自動車業界はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)推進に向けて、引き続き、異業種からの積極募集が行われる。



ロボット業界はネットワークやAI領域に詳しいエンジニア、機械設計などの人材が求められている。



総合電機や半導体、電子部品業界は自動車の自動運転やEV化の伸びで電気エンジニアや制御ソフトのエンジニアニーズが続く。第2新卒や未経験者も学生時代の専攻を考慮して採用を強化する。



化学業界は持続可能な社会の実現に向けた取り組みや事業活動の説明が重要になることから、ESGに関連する人材募集が顕著化する。



外食や店舗型サービス業界は店長候補の求人が継続されるが、採用環境が厳しいため、未経験だけでなく40歳以上の店舗マネジメント経験者にも対象を広げていく。



介護分野は案の定、蚊帳の外。



さあ、起業間の争奪戦ただの傍観者になりますか?