Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

会社の給料が安い理由

どんなことでも、本気でやれば少なからず結果は出ます。



例えば月収100万円は無理だったとしても、月収20万円くらいであれば、仮に絶望的に才能の無い人であったとしても、稼ぐことは出来ます。



つまりが、現時点で稼げていないとしたら、それはやっぱり「本気でやれていない」ということなんです。



じゃあ「本気でやる」って、いったいどういうことなの?という話になるわけですが。



例えば、サラリーマンしかしていない人に「仕事一生懸命やってますか?」と聞くと、大抵は「一生懸命やってますよ」と答えてくれます。



が、よくよく話を聞いてみると、家ではテレビを見ているし週末にはしっかりと休みをとっているし、連休に遊びにいく予定を立てていたりするんです。



これはさすがに、本気でやってることにはならないじゃないですか。



多分、こういう根本的な認識の違いが結果の違いに繋がっています。



一応誤解の無いように言っておきますが、サラリーマンはあんな感じでもOKなんです。



「会社」っていう仕組みはよく考えられている仕組みでして。



才能の無い人間であっても歯車の中で1日8時間働かせることによって、一定の収益を発生させられる「仕組み」なんです。



ただその分、会社の給料体系は“才能の無い人間に合わせた給料体系”になっているんですけどね。



だから、あなたや私のような才能のある人間にとっては、給料が少なすぎるなと感じたり、評価のされ方が納得いかないものになってしまうというわけです。



ちょっと話が逸れましたが、「本気でやる」という事に対する根本的な認識の違いが、結局のところ結果が出る・出ないのところに大きく影響しているというわけです。



例えば、私が考える「本気でやる」というのはこんな感じです。


・成功者の話を素直に聞く
・意識を常に高く保つ
・一流ビジネスマンとしてのふるまいをする
・合理的な判断を心がけ、感情で舵をとらない
・自己投資を毎月必ずちゃんとする
・目標に対して計画を必ず立てる
・常に仮説を立てながら実践する
・寝る間も惜しんで実践する


などなど、こういったことですね。



我々はこういうことを意識する必要があるというわけです。



稼ぐ必要性にも気づかないただただ惰性でサラリーマンをやっているだけのような人達は、おそらく“サボらずに勤務してさえいれば”、それだけで「一生懸命やっている」ことになるんだと思います。



まあこういう認識を持っている人の場合、たとえ本気でやろうと思ったとしても量も時間も絶対的に少なく済ませていることが多いですが。



ともあれ、実践量とか実践時間に対する認識は、意識の高い我々ネット起業家の中でもギャップが出やすい部分だと思うので。



今一度、成功者がいったいどれだけの作業と勉強をこなしているんだろうな?と想像力を働かせて正しく把握しておきたいところですね。



これ、よく使う例え話なんですが、「1日1時間でも稼げます」という教材があるとしたら、「よっしゃ1日1時間で出来るなら 地道に頑張るぞ!」と受け取るんじゃなくて、「だったら俺は1日5時間やって一瞬で結果を出してやる!」こういう反応をぜひしてみてください。



こういう反応が出来るようになると、絶対に結果が出てくるので。



というわけで、このブログの読者さんであれば質の高い反応を選択出来ると思います。



今一度気を引き締めて、ぜひ頑張っていきましょう!



では!