Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

施設の行事に一考


利用者の喜びと企画する職員の考えの差に悩んでいる方が多いと思います。



利用者の為の行事なのか、職員の自己満足の為なのか、深く考えずに習慣や惰性で行っている行事がある。今日はこのことを考えてみたい。



そもそも施設に行事が必要なのか?



その規模は別にして、あっても良いと思う。



個別ケアが大事だから集団的なイベントがまったく必要でない、ということにはならない。人の生活には「日常」から少し離れたところにある「非日常」的なシーンが時には必要で、それが生活に潤いを与えるということにもなる。



人はパンのみで生きているにあらず。 楽しみごとが過去の生活習慣や、その国や地域の風習と絡んで考えられていくことは決して無駄なことではない。



ただそういう行事を行っておれば、何か良いサービスをしていると勘違いしたり、生活ケアと関連しない部分で行事が考えられてしまうことが問題なのだし、行事にする必要がないサービスを、特別なこととして行事化してしまうことが、生活者としての利用者の視点から離れたものになってしまう。



一人ひとりの利用者にどのような意味があるのかという視点が必要だ。



例えば誕生会などは、つい数年前まで施設が行うべき絶対なければならない行事であった。それも1月の誕生者をある特定の日にまとめて祝うもので、アトラクションを見ながら、ご馳走を食べる、ということが何の疑問もなく繰り返し行われていた。



しかしこれで本当に利用者は喜んでいるのだろうかという疑問。誕生祝は誕生日に行うのが普通だろうという考え。アトラクションを見ることが好きではない人もいるだろうという考え。



こうしたものから誕生日に個別の方法でお祝いする、という形に変わってきている。



今では全体的に祝う誕生会なるものの方が奇異に感じる職員が多いと思う。



まつりも同様。行事が大掛かりになればなるほど、企画した職員や手伝っているボランティアは充実感を感ずるが、そこで主役であるはずの利用者がどう感じているか、ということが大事なのだ。



施設で年に一度を行って、家族やボランティアが毎年50人を超える人数が訪れ、大きなイベントとなっている。



しかしそこで、おかしな現象が起こった。主役であるはずの利用者が会場に数人しか残っていないが、アトラクションは続けられているような現象だ。



これでは何の為のイベントか疑問になってしまう。すぐにプログラムや実施方法を変える検討がされるのが筋だし、そういうイベント自体の必要性も問われるだろう。



また行事はあくまで生活援助の延長線上にあるもので、50人とか100人とかを対象にしたものには、必ず、そこにマッチしない対象がでる。そのとき、必要な支援が行われているか、生活の継続性が保障されているのか、ということが基本になければ意味がない。



時として行事に積極的に参加しない対象者を問題視するような傾向もある。



こんなことは問題ではない、むしろ問題視する考え方が問題処遇だ。あう、合わないは誰にでもあるし、個人の好みやニーズは多様なので、いかにその方にあったサービス、生活作りを援助できるかが大事なので、イベントの成功、不成功なんて二の次、三の次でよい。



職員の満足感でそれらを判断してはならない。



すべての事柄が、生活援助の延長線上にあることを忘れてはならないし、その方にとって生活の中でいかに「生きている喜び、充実感」が感じられる生活であるのかが問題で、行事なんていうのは、いかに大掛かりに行おうが、行うまいが、それは単なるツールに過ぎない。



ツールのために肝心の生活が振り回されてはならないと思う。