Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

過失と責任の違い



数多くあるインシデント(ひやりはっと)の中には、あきらかに介護ミスや不注意によるものが数多くある。これらが事故に繋がらないよう、同じミスを繰り返さないことが必要なのだが、しかし繰り返してしまうことも多い。薬の誤配や、見守りが必要な方の「今は大丈夫」という思い込みや油断からの転倒などもある。これは大きな課題であり反省点である。



過失がなくとも施設はサービス提供中に生じた怪我の責任を感じて真摯に利用者や家族には対応しなければならず、そういう心のこもった対応が、理解につながりトラブルを防ぐ基本だろうと思う。



しかし防ぎようのない、過失のない事故とは何なのか、という判断は難しいし、あまり広く考え過ぎると、施設の責任をすべて利用者の自己責任に転嫁してしまい、不適切な対応になってしまうし、逆に、あまりに狭く考え過ぎると、何でもかんでも施設責任ということになり、リスクのある人に対して過度の反応を示して、場合によっては不適切な「サービス提供拒否」に繋がりかねない。難しいところだ。



特に自力で歩かれる方の転倒は、防ぐことができないものもある。施設で生活している間に起こる、それらの事故をすべて施設の介護の問題とされるのは問題だ。



見守りが必要なときもあるので注意しましょうというプランと、常時見守る必要があるというプランは違うのだ。離床センサーも必要があれば使うが、できるだけ家庭での生活スタイルを継続できる滞在サービスのあり方の延長線上に、不必要な過剰ケアは行わないようにしよう、ということがあるのだ。



しかし人間の生活だから、双方が気をつけていても起こりうるインシデントやアクシデントはあるという理解も必要だし、十分注意した上でおこるアクシデントは一方的に責められるものではないという意識が必要と思う。



利用者本人への心理的負担感に繋がりかねない問題も含まれており、ケアプランについては随時精査が必要と思う。