Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

何かを得るには何かを捨てなければならない

f:id:bochifuntou:20190304144519j:plain


これは世の中の道理であり真理です。


例えば、わたしはよくネット通販で服を買ってしまうんですが、家のタンスやクローゼットにはある程度の「容量」があって、気づいたらタンスやクローゼットが閉まらなくなるほど、パンパンになってしまう事があります。


で、そんな状態で新しい服をそのタンスやクローゼットに収納するためにはどうしたらいいのでしょうか?


やっぱり、古い服を「捨てる」必要がありますよね。


古い服を捨ててから収納できる「容量」を増やし、
新しい服を収納できるようにする・・。


おそらく殆どの人がこういった判断をするでしょうし、実際にこういった経験した事ある人も多いと思います。



・・じゃあ、ここで1度、そのクローゼットやタンスをあなたの「時間」に、収納している服をあなたの「やる事」に置き換えてみてください。



僕たち人間に与えられた時間は「平等」で1日に「24時間」です。


つまり僕たちの「時間の容量」は「1日24時間」だという事。


そしてその限られた容量の中で、
僕たちは様々な事をしなければなりません。


仕事、睡眠、食事、家族サービス、子育て、家事、
趣味、遊び、彼女(彼氏)、バイト、スマホいじり...etc.


などなど、それは人によって様々で一概には言えませんが、決してあなたは「暇」ではなくどちらかと言えば「忙しい」と思います。


要するに今、あなたの1日(24時間)というクローゼットの中には、
すでに服(やる事)がパンパンに入っている状態なわけです。


さて、そんな状態で新しい服(やる事)を
そのクローゼットに入れ込もうとしたらどうなるでしょうか?


すでに「容量はパンパン」な状態なわけですから、
必然的に「容量オーバー」になってしまうと思います。


つまり結局何が言いたいのかというと、「増やす」事ばかり考えても、
必ずどこかで「頭打ち」になってしまうという事です。


だから仮にあなたがこれから「新しい事」を始めようとした場合は、
今やってる事を「減らす」か「捨てる」かしなければなりません。


これが

「何かを得るためには何がを捨てなければならない」という事であり、これは「新しことを始める(実践する)場合」にも同じ事が言えるんですね・・・・・

では、また。