Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

介護はフィクションではない!ノンフィクションの実践であるということ

f:id:bochifuntou:20190313114457j:plain




介護の仕事なんてどうしようもなくダメな職業だとか、高齢者のためになぜ若者が介護に疲弊して、人生を台無しにしたり、踏み外さなきゃあならんのかとか、いろいろなことをいう輩が引きも切りませんが、介護の仕事が嫌いな連中は、さっさとこの業界から出てけばいいんです。




人材不足・人員不足だからと言って、能力も適正もない連中を集めて、数だけそろえりゃ何とかなると考えるのがそもそもの間違いです。



介護の仕事が報酬が低くて社会の底辺でしか生きられないといっている連中は、介護の業界で稼ぐスキルがないだけでしょう。




普通に働けば、介護職員だって年数を重ねて給料は上がるし、良い人材は引き抜かれたり、這い上がったりして、立派に家族を養うだけの収入を得ている。



それができない程度でしかない連中は黙って別の仕事すればいいのに、別の仕事も見つけられずに、この業界にとどまってゴチャゴチャ言ってるんです。




阿保としか言いようがないです。




この業界からはみ出してまで、愚痴を言い続けている奴らはもっと悲惨です。ポジティブに人生を生きられないってことですから。



そんな連中は放っときましょう。知能と技術の低い連中の恨み節に付き合う必要はないし、そんなの無視してればいいんです。



介護の職業には、もっと可能性も未来もあります。介護の仕事をしてきらきら輝いている人がたくさんいます。それも結構若い人たちが、介護の仕事の中できらきら輝いて、希望も収入も得ているじゃあないですか。それはもう「きらきらポエム」とは言えません。事実です。その事実が歴史になるんです。



底辺にいるのは、経営者に搾取されたり、高齢者に卑下されている連中ではなく、能力のない人間だということに気が付いてください。



※しかし間違ってはいけないこと



良い介護とは、サービス提供者の目線から評価するのではなく、サービスを利用した人の感情を見つめて評価するものだということがわかる人だけ、わかろうとする人だけが、介護の仕事に就いて、介護の仕事を続ければよいだけの話です。



己のスキルの低さを棚に上げて、介護の職業を貶める言動に終始する人間には、このブログ【介護】という職業を通じて、誰かの心に寄り添おうという気持ちのない人には、読んでいただかなくて結構である。