Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

羨ましい(゜ロ゜)


1億円当たって生活保護を脱した男の話しをします。


突然ですが、

宝くじを買ったことがありますか?






もしくは当たったことがありますか?






ちなみに宝くじで有名な
「ジャンボ宝くじ」で1等が当たる確率は




1/10,000,000




と言われていて、




これは交通事故で
450回死ぬ確率と同じです。





または、
宝くじが縦7センチ×横15センチだとして、
これを1,000万枚を敷き詰めると



だいたい東京ドーム2個分が
宝くじで埋め尽くされるのにも関わらず、
その中には『たった1枚』しか1等がないことになります。






……絶対当たる気がしないですよね。






なので私は宝くじを買ってません。




f:id:bochifuntou:20190316132142j:plainけれど先日、
宝くじで1億円当てた男
の話を聞きました。




自分もまさか身近なところで、

1/10,000,000の確率を
くぐり抜けた人がいることに驚きでしたが、

ここからお話する内容は本当の話です。





私とAさんは直接的な知り合いではないのですが、
知人の仕事の関係でAさんの聞くことができました。





Aさんは元々生活保護を受けている人で、
普段から余ったお金をパチンコなどのギャンブルに費やすような人だったそうです。

(そもそも保護費でギャンブルするなって話は置いておきます。)





そしてある日パチンコではなく、
余った保護費で宝くじを買ったら


『1億円』


がたまたま当たったとのこと。






……は?






ってなりますよね。






そしてAさんは1億円を握りしめ
生活保護を脱出しました。






1億円というと、
大卒サラリーマンの生涯賃金が3億円なので
約3分の1を一瞬で手にしたことになります。





その後なんの仕事をしなくても
20年くらいは生きていけそうですよね。





なので私はこの話を聞いた時、



なんという強運の持ち主なんだ…..。
正直羨ましい……。



と思いましたし、


みなさんも
同じような感情を抱いたかもしれません。





そして、その後Aさんは1億円を元手に
人生一発逆転の幸せな生活を手にしました。





めでたしめでたし。