Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

傲慢な介護をしている竹内理論実践施設のはなし

f:id:bochifuntou:20190401211415j:plain




介護とは、人と向い合って、向かい合う人に心をかけて護る行為である。心にかけるということは、向かい合う人に関心を持ち、表情を注視し、喜怒哀楽という心の動きに敏感になることである。



そのことに心がける限り、介護の評価は決して難しくない。利用者の表情や感情として表れるものが、介護の結果評価である。



間違ってはいけないことは、利用者の気もちより、我々が定めた目標の達成度の評価が優先されるものではないということだ。評価は多角的におこなわれることも大事なので、我々の理念の達成度を、目標を掲げて、その達成度で評価することがあっても良いが、それは利用者の心持ち・気持ちを無視して、そちらを優先して評価されるべきものではない。



そもそも事業者目標など、場合によっては事業者の価値観や都合の押し付けなのかもしれないという考え方は常に必要で、闇の迷路に陥らないためにも、利用者の感情や表情に敏感になるという視点は忘れてはならないのである。利用者の気持ちに謙虚に応えようとする姿勢を失った介護者は、傲慢な指示者にしか過ぎなくなる。それは傍から見れば極めて醜い存在である。



しかし闇に迷い込んだごとく、傲慢な介護をしているのが竹内理論実践施設である。



「低ナトリウム血症」などの病名で沢山の利用者様が入院や逝去されている現状があります。



朝起きてから、寝るまで、正確には寝ていても夜中おこしてまで水分地獄。「最大3000mlは飲水してもよい」「飲めば飲むだけよい・・・」「利尿剤は介護者なら、床に落としたと言って捨てなさい、何故なら乾いたぞうきんを絞るのと同じだから・・」といっています。



何故、殺人理論を行わなければいけないのか?



こんなひどい状態を、いつまで放置するつもりだろう?



利用者はいつまで心を殺し続けられるのだろう?