Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

食を考えるとき、蟻の視点や鳥の視点をもってますか?

f:id:bochifuntou:20190425161021p:plain




介護サービスを考える視点について「蟻の視点、鳥の視点」という言い方で、ミクロとマクロの見方が必要だと言われることがある。



現場でまさに利用者と関わってしかわからない問題がある反面、その問題や課題を考える際に、どっぷりと現場にのめりこんで、そこでしか発想しないのでは見えてこないものがあり、一歩引いて、大きな視野で全体を見ることも大切な視点であると言う意味である。



それと似た考え方であるが、施設サービスを考えるとき、専門家の視点のほかに、素人の視点という面からも考えないと「施設の常識が世間の非常識」となる危険性を常に内包していると考えている。



介護施設では食事の問題を多職種で議論する会議が定期的に行われる。その中で、様々な問題が討議されているが、食事内容の評価という問題になると、介護職員の意見は、主に「摂食介助が必要な嚥下障害がある利用者」を代表する意見に偏りがちになる傾向にある。



たしかに特養には摂食障害という生活課題を持つ利用者も多いし、そのことは重要な問題であるのだが、それらの方々だけに目を向けて「食」を考える視点が強すぎると、高齢者の食事はできるだけ飲み込みやすく、小さく、やわらかく、という視点に偏る傾向にある。



普通食で自力摂取している利用者の声は届きにくくなるというより、はじめから問題がないので無視されてしまう、という恐れがあるのだ。これが極端になると、味や見た目が二の次になる、一般家庭の食卓にのぼらないようなものが「当たり前」に施設利用者の食卓に並べられ、食事なのか薬なのか、はたまた餌なのかわからない、という状況が生まれないとは限らない。



「餅」を例に挙げて考えると、この食材は嚥下障害のない高齢者でも「のどにつまり」毎年死者が出る「あぶない食材」として認識されている。このため餅を出す際の、施設の注意は並大抵のものではないが、このときも「のどにつまらないように」という視点のみで、嚥下力が低下した人だけを基準に提供方法を考えてしまうと「なんだか餅を食べてるんだか、何を食べてるんだかわからないねえ」というまで細かく、小さく提供しないと心配だと言う変な状況が生まれる。



まさに蟻の視点からしか発想しないときの問題である。



嚥下障害のない人は、その人なりに、好きな形や、調理法で食べたいと思うし、それができるように、わざわざ杵と臼を使って餅つきを行い、その場で調理して食べてもらうのである。その意味を考えながら、「食」としてのあり方を考える視点が必要だ。



それは鳥の視点という面と、当たり前のことを当たり前として考える「美味しくなければ食べたいと思えない」という素人でもわかる視点である。



栄養ケアマネジメントやその計画にしても、単に食事を「介護予防や健康管理」の方法としか考えらないマネジメントでは困る。あくまで「食べることの喜び」が前面にあってしかるべきだ。



数値による低栄養を、プロテインなど補助食材で補おうという方法が行われているが、本当に高齢者が毎日続けられる方法なのだろうかということが、味とか見た目とか、においとか、総合的に考えられなければ栄養ケアマネジメントはおかしなものになる。低栄養の改善だけの方向でしか考えられないのであれば、これは食の問題ではなく治療としての医療サービスになってしまう。



医者ではなく、栄養士がマネジメントすることの意味は、それが「食」という人の喜びや満足感に繋がる自然欲求に対してのマネジメントであるからだろう。



前の話しだが「まずい!!もう1杯」というCMが流行したフィクションの世界だけの話で、美味しくなければ続けられないし、苦痛が伴う食事提供サービスなど、本来の「食事」ではない、という視点が大事ではないだろうか。



そのときの視点が、栄養士としての専門職としての視点と、食べる側である利用者から見た「素人」としての視点と、両者を見つめることが出来るのが真の管理栄養士の役割ではないだろうかと思う。