Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

介護力をアップする方法‼️

f:id:bochifuntou:20190316211436j:plain





ブログを読んで頂いてる読者の方は、当然ながら介護に関っている方々が多いと思います。



在宅介護をされてる方々に共通してるのは、本当に介護のことを勉強しておられ、立派な介護をしておられる方ばかりです。

介護施設の介護に比べ、在宅介護は活きた介護です。

介護施設の職員は食事作りはしなくていいし、時間になれば帰れますが、在宅介護は食事作りや、夜間も対応しなければならないため、基本的に24時間勤務みたいなものです。

在宅介護をされてる介護者の中には、本職の介護士以上の介護力で介護をされてる方もおられ、いつも感心しています。

怖い怖い誤嚥性肺炎という病気があります。



新聞のお悔やみを見てますと、たまにその病気で亡くなられています。



山城新伍、ラッシャー木村、モンキー・パンチさん等も死因は誤嚥性肺炎です。

予防法や注意事項は

・毎食後、必ず口腔ケア(歯磨き)をする。

・介護保険で、専門のST(言語聴覚士)を利用して誤嚥性肺炎の予防のリハビリをすることができます。

・食事前には、口腔体操をする。

・食事は、椅子に深く腰掛け、正しい姿勢で食べさせ、テレビを観ながらなどの、「ながら食事」はやめさせ、急がず、ゆっくり食べさせる。

・とろみを利用して、水分、食事等に適切なとろみをつける。


などです。



ちなみに肺炎球菌ワクチンは、誤嚥性肺炎は防げないと言われてます。

どんな世界でもそうですが、知識は力という言葉が介護にも当てはまります。

介護を仕事にしている方はもちろんですが、在宅で介護をされている皆さんは、大変でしょうが、今以上に勉強し知識を身につけて介護をされることを願っています。



それは、自分の為でもあります、楽に効率よく介護することもできます、そして結果的に要介護者の長生き、幸せにつながるのです。