Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

介護施設にシングルマザーが多い理由!

f:id:bochifuntou:20190804093041j:plain




介護職として働く人の中には、シングルマザー(母子家庭)の人が非常に多い事に理由があります。

介護施設では石を投げればシングルマザーに当たります。

看護師もシングルマザーが非常に多いですが、看護師は経済力があるので離婚の決断が簡単にできるのでしょう。

看護師が離婚してもそのまま働かれるのに対し、介護職の殆どがシングルマザーになった後に介護職へ転職した人です、どうして介護職にシングルマザーが多いのでしょうか?

それは、シングルマザーの人が介護職として働くことに、たくさんのメリットがあるからです。

例えば、介護職であれば無資格・未経験でも求人が見つかりやすいことは、シングルマザーが介護職として働くメリットです。

介護施設には、未経験者に向けて研修を行っているところが多く存在します。また、無資格者が働きながら介護資格を取れるように「資格取得支援」を実施している職場も少なくありません。

例えば、ある介護施設では、通常であれば受講料が80000円前後する「介護職員初任者研修(初任者研修)」を、就職者に無料で受けられるような支援を実施しています。

無資格・未経験のシングルマザーであっても、こうした施設へ就職することで安心して介護職として働くことができるのです。

シングルマザーの中には「シングルマザーってだけで採用で不利になるのでは?」と考えている人も少なくありません。

確かに、シングルマザーだと採用されにくい会社があるのも事実です。

しかし、介護施設ではシングルマザーだからこそ採用選考で有利となるのです。

何故なら、母子家庭の人を雇用することで受けられる補助金がありますので介護施設では積極的にシングルマザーを採用します。

具体的には「特定求職者雇用開発助成金」と呼ばれる助成金です。

特定求職者雇用開発助成金とは、母子家庭の人や高齢者、障害者などの就職困難者をハローワーク等の紹介により雇用した際に支給される助成金です。

こうした助成金があるためにシングルマザーが採用されやすい職場が存在するのです。

また、介護現場には慢性人手不足である施設が多くあります、そうした中で、シングルマザーは非常に貴重な人材です。

シングルマザーが採用される一番の理由は、それは母子家庭である人は子どもとの生活があるため、離職する可能性が非常に低いからです。

このように、介護施設には積極的にシングルマザーを雇用している職場が多く存在するのです。