Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

施し目線で何気取ってるの!新人をヤジる職場

f:id:bochifuntou:20191006183402j:plain




これは陰湿ないじめそのものでしかないが、そうしたいじめからわが身を護ろうとする若い職員は、冷やかしながら若者の心を削る先輩職員に迎合し、スキルの低い状態にわが身を貶めないと、その職場に居続けることができなくなる。



そうした場所で、言葉遣いを直せないスキルの低い先輩職員から、「タメ口はダメだなんて言うけれど、関係性があればタメ口は失礼な言葉ではなく、利用者に緊張感を与えずに、親しまれるための言葉遣いで、堅苦しくならないようにために必要な口調だよ。」などと洗脳される。



そんな連中がタメ口で利用者に接している理由とは、そんな積極的な理由ではない。スキルの低い連中が、自分たちの仕事が「施し」であるという意識から抜け出せず、利用者を上から目線で見ている結果でしかないのである。そんな言い訳は、対人援助の専門家としてのコミュニケーション技術という意識もない連中が作り出した屁理屈でしかなく、素人レベルで仕事が完結されている状態。



そもそも関係性というが、職員が思うほど良好な関係性を常に利用者と築いているとは限らず、その口調に不快感を持つ利用者も多い。



志の高い若者の心を殺す職場では、ストレスを抱えて数カ月で辞めてしまう方も毎年出てくる。



しかしそうした若者が毎年何人もいるという意味は、将来人材~人財となる素質を持つ若者が、先輩職員のタメ口にストレスを感じて、職場を辞めている。



そうした人たちはいったいどこに行っているのだろう。そのまま介護の職業から離れてしまっているとしたら、それはとても勿体ないことで、深刻な損失である。



しかし介護の仕事を続けたいからこそ、マナー意識のない職場でストレスを感じて、そこをやめてしまう人もいるのだから、丁寧な対応ができる職場で働きたいという動機づけを持っている人は、考えられている以上に多いという現状があるということだ。その人たちは、今きっとどこかで、サービスマナーに満ちた職場を探しているはず。



だからこそ人材不足での中で、良い人材を集めて高本質なサービスを売りにして、顧客を確保するためには、今いる職員の意識を高める教育を徹底的に行い、サービスマナーを身につけさせて、そこで働きたいという人材が寄り集まる職場を創ることが求められている。



丁寧な言葉と態度で利用者に接する新人をつぶす職員を辞めさせて、新人の手本になる職員を育てることが、中長期的に見れば人材を確保する職場に結び付き、顧客を確保し事業経営が安定する職場につながっていくのである。



しかし人がいないから、募集に応募してきた人をやみくもに採用し、教育もうまく浸透せず、マナーのない職員による質の低いサービスの職場には、ますます人は寄り付かなくなり、やがては滅びていかねばならなくなる。