Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

独居高齢者が一番長生きするワケ

f:id:bochifuntou:20190408205612j:plain




1人暮らしの高齢者は家族と同居している高齢者よりも生活の満足度が高く、悩みが少ない。



高齢者の方を対象にした調査では、このような結果が明らかになっています。



高齢で体が不自由になると家族の介護が頼りと思われがちですが、体調があまりよくない人でも独居の方が満足度が高いという結果になっています。



調査結果では「高齢者の1人暮らしは、実は幸せなのでは」という結論になっています。



家族と同居する人の満足度が低い理由について、「家族への対応に苦慮するため」と分析されています。



家族とうまくいかなかったり、コミュニケーションが取れなかったりすれば、生活の満足度は急激に下がります。



ウマが合わない嫁と一緒に暮らすのは苦痛です。



一方独居なら、体調が悪くても自分のペースで動けて家族に配慮する必要もないのです。



ただし、満足度の高い1人暮らしの条件としては、「住み慣れた土地に住んでいること」が条件であり、介護施設での1人暮らしではダメなのです。



高齢者の独居は本人にとっても幸せですが、実は子供にとっても幸せで快適です。



そりゃあそうでしょう、介護しなくていいのですから子供も快適です。



周囲にさまざまな関わりがあれば、『おさみしいでしょう』というのは大きなお世話です。



独居イコール孤立といった固定的観念はやめるべきです。



孤独死になるのは孤立した生を送った人で、1人暮らしでも孤独でなければ孤独死にはならないのです。



高齢になるとめったに突然死はしないし、今では要介護になればほとんどケアマネジャーがつくため、放っておかれることはないし不安に思う必要はありません。



介護施設に入居すると随分と気をつかいます、対他利用者、対介護職、対看護師等、介護施設の内部は実は人間関係のかたまりなのです。



特に看護師は気が強い女性が多く、利用者に対する優しさのかけらもありません。



独居老人に対して、介護施設とって「大きなお世話」であり、独居暮らしこそ幸せであり、独居で自宅で死ねる人生こそ人生最大の贅沢と思う。