Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

住民不在~地域包括ケアシステムの幻想

f:id:bochifuntou:20191129112843p:plain





地域包括ケアシステムとは、ニーズに応じた暮らしの場が提供されることが前提になっており、心身の状態に応じた、「住み替え」意識が、住民自身や地域住民を支援する関係者の間に意識として浸透していなければならない。



そして住み替えが行われた先には、医療や介護のみならず、福祉サービスを含めた様々な生活支援サービスが、「日常生活圏域」の中で適切に提供できるような地域での体制を構築されていることが前提だ。



地域包括ケアシステムが作られていれば、一人暮らし高齢者や虚弱な長寿高齢者、認知症高齢者を地域や住まいで支えなければならない。そして死ぬためだけに入院しなくともよい結果が出されていなければならない。



全国市町村の大多数で、そんな結果が出されているケースは極めて少ない。



結果が出ないのは何故かということは、本来地域包括ケアシステムの肝と言ってよい、「地域ケア会議」で検討されなければならないが・・・



地域ケア会議で個別ケース検討を行ったうえで、課題解決が困難となっている原因となっている、「地域課題」が抽出され、その課題快活に向けたソーシャルアクションが行われる必要がある。それさえも行われていない場合が多い。



地域ケア会議が、ただの飾りになっている。



例えば、地域に在宅療養支援診療所がないため、となりの市から在宅療養支援診療所がカバーする地域でしか、「在宅での看取り介護」の体制が組めないという課題もある。そもそも24時間巡回サービスをはじめとした、夜間対応の訪問介護がないために、一人暮らしの要介護高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けることが難しいという課題もある。



そうした課題を地域住民や関係者に明らかにして、何らかのアクションにつなげようとする対応が行われているかと言えば、それは全くない。



地域課題も抽出せず、地域住民の暮らしぶりが豊かになっているという結果も出していない。



地域包括ケアシステムを語るのならば、地域包括ケアシステムとは何かという概念と、それによって何ができるのかというビジョンを自身の口から、自身の言葉で語る程度になってほしい。そうした勉強もしていない人間が、地域包括ケアという言葉を口にするなと言いたい。



それにしても「地域包括ケアシステム」が存在していることを実感できない地域は多いのではないだろうか。



そもそもこの言葉が浸透しているのは、制度改正や報酬改定の目的として、地域包括ケアシステムの構築・深化と語られるためではないのか。



実態がなくともその言葉を使えば、国民の痛みを伴う負担増や給付抑制も、すべて正当化される傾向にある。だから地域包括ケアシステムという言葉と文字だけが先行して、実態が伴わないのではないだろうか。



本当に空しい「地域包括ケアシステム」であると思う。