Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

施設運営は常に変化している

f:id:bochifuntou:20190312202051j:plain




入所したらしっかり足元を固めて、粛々といった暮らし続けたい施設とはどういう場であるのかを考えた。そのために変化が常に必要である。



地域包括ケアシステムとは、住み慣れた地域で暮らし続けることができるシステムである。ただしそこでの高齢者の居所は、「自宅」とは限らず、「住まい」とされている。つまり高齢期の様々な状況に応じた、「住み替え」が必要とされるのが、超高齢社会の地域包括ケアシステムである。



その時の住み替え先は、サービス付き高齢者向け住宅かもしれないし、住宅型有料老人ホームかもしれないし、介護付き有料老人ホームかもしれないし、グループホームかもしれない。その住み替え先の一つとして、特養も考えられてよいわけである。そのために住み替え場所として、ふさわしいサービス提供のあり方を常に考えていけばよいわけである。



自分が所属している施設やサービス事業所が、ほかより良い場所になるように競争する必要はないと思う。たくさんの高齢者の住み替えが必要な世の中になるのだから、自分の施設が一番ではなく、どこの施設や事業所もそれぞれの一番があって、その中で利用者が自分にふさわしい場所を選択できる社会が求められると思う。



サービスの質の競争がないと介護サービスの品質は向上しないのだろうか?



しかし競争の一面には相手を蹴落とすという部分が必ず出てくる。そこで蹴落とされたサービスを使う人もいるのだから、本来我々は蹴落としてはいけないのである。勝ち残った事業者だけが利用者を幸せにしたってしょうがない。みんなが幸せに暮らすことができる社会の実現が求められている。競争の果てにあるのは戦争だ。そして戦争は不幸しか生み出さない。



介護サービスは勝ち負けをつける必要はない。勝たなくても、みんなでよい環境とサービスの質を創っていけばよい。ましてや他人である我々が提供するサービスが、家族の愛に勝てるわけがないし、勝ってはいけないと思う。