Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

暮らしの場で事故を起こさないために必要なこと

f:id:bochifuntou:20190327184838j:plain




介護施設は利用者の「暮らしの場」であるから、そこでは利用者の安全と安心が担保できる環境やシステムが必要である。そうしなければ、安心して暮らし続けることができる場所にはならない。



そのために、ヒヤリハットという形で、生活の中に存在する不具合を顕在化させて、その原因を分析し、対策を講じていく必要がある。そのためにはヒヤリハットに気付く感覚が重要になる。



逆に言えばヒヤリハットの撲滅を意識するあまり、ヒヤリハットに気付いても目をつぶったり、ヒヤリハットに鈍感な職員の方が、気楽に仕事ができるといった、「ヒヤリハットの潜在化」の要因があっては本末転倒である。



そうしないために日常業務の中で、おかしいと思う感覚を大事にして、そのことが業務改善・生活環境改善になることを周知徹底していく必要がある。管理者は職員に対して、ヒヤリハットに気づいて直せば問題なく、気づかず直さないことが一番の問題であるという意識付けを行うことが求められる。



ヒヤリハットに気が付かずに直さない限り、介護事故は必ず起きる。その介護事故の延長線上には、感覚麻痺による不適切ケアに気付かないという問題が含まれ、それはやがて虐待につながる危険性が高いのだという問題意識も求められいる。