Allo介護の不思議な世界

こんにちは!介護ブログ管理人です。 この記事は介護は難しい、わかりにくい方に向け、初心者でも簡単に紐解いた解説をします。 介護保険は、3年毎に改正されます。この記事を読むと、最新の介護事情や歴史に触れることができます。 とは言え、一体どうしたらいいかが分からない…というあなたのために、一日一つブログをアップし解説したいと思います。 この記事を読み、実践する事であなたも介護の達人になりますよ! ですので、ブックマークをつけて、じっくりと読み進めながら取り組まれてみてください。

覚醒剤より依存性が高い、アルコール依存症

f:id:bochifuntou:20200306200245j:plain




沢尻エリカ、槇原敬之、田代まさし等の覚醒剤等の使用がマスコミで報道されていました。

f:id:bochifuntou:20200306200402j:plain

覚醒剤は何故怖いのか、それは依存してしまって止めれなくなるのも一つにはあります。



覚醒剤、大麻、タバコ、麻薬等は依存性がありますが、一番依存性があるのは覚醒剤でも大麻でもなく実はアルコールです。



日本の飲酒人口は6,000万人程度と言われてますが、このうちアルコール依存症の患者は230万人程度です。



アルコール依存症とは、どういう病気なのか、アルコール依存症の利用者を介護する機会はありますので、やる気のある介護職なら当然知っておくべき病気です。



アルコール依存症とは、酒癖の悪い人なのでしょうか?



沢山アルコールを飲まれる人でしょうか?



どちらも違います、アルコール依存症とは、アルコールのコントロール障害の病気なのです。



コントロール障害ですから、飲めばとことん飲んでしまうのです、ブレーキの壊れたダンプカーです。



ですから、飲むか、飲まないかしかできないのです。



アルコール依存症の治療法は、断酒すればいいわけですが、これが非常に難しい。



皇室の「ヒゲの殿下」という愛称で知られた故寬仁親王は、自分がアルコール依存症であるとカミングアウトされました。



その中で「皇室ほどストレスの多いところはない」と言われ、ストレスが飲酒させてしまうとの見解を述べられました。



しかし、これは間違っています。



アルコール依存症は、仕事、人間関係等のストレスあるから飲酒するのではありません、アルコール依存症という病気だから飲酒してしまうのです。



ですから、精神科に行ってアルコール依存症という病気を治してもらうしか、アルコールを止める方法はないのです。



どんな病気でもそうですが、治る人と治(アルコール依存症は治りませんから、回復と言います、断酒継続してる状態です)らない人がいます。



アルコール依存症は高学歴の人は断酒できにくいと言われていますし、精神科の病気は治りにくいとも言われています。



何故、高学歴の人は断酒できないし、病気が治りにくいのでしょうか?



それは、高学歴の人はプライドが高いから、医師の言うことを聞かないからです。



アルコール依存症は、自助グループに行けばいいと言われています、自助グループに依存を治す力はありません、依存の対象をアルコールから自助グループに転換させることで、結果的に断酒できる訳です。



アルコール依存症は非常に怖い病気で、患者の平均年齢は52歳です。



アルコール依存症になった人の10年後の死亡率は30%~40%です。



石原裕次郎さんも美空ひばりさんも、アルコール依存症でしたが、皮肉なことに、お二人ともアルコール依存症の平均年齢の52歳で亡くなられました。



「酒は百薬の長」は嘘です。



これは、昔中国は国営でアルコールを売ってましたので、その時のキャッチフレーズなのです。



ちなみに、わたしは普段は一滴も酒を飲みません、付き合いで年に数回飲むだけです。



酒を飲まなくても、人生の楽しみは掃いて捨てるほどあると思っています。